治恵医学大学
学校案内
付属臨床施設
伝承医学の診断法 鍼とは? 灸とは? 按摩・指圧・マッサージとは? 宿明学とは?
創立理由
西欧近代医学は自然科学の一分野として驚異的な発展を遂げてきました。

 しかしながら、現時点の自然科学的立場では解明しきれていない奥深い領域があります。一方、伝統医学は3000年以上の長い歴史の中で先人達が多大な努力を払い、数限りない臨床実践を経て積み重ねられた治療経験の宝庫であり、そのエッセンスは今日の科学的な検証を行いながら次世代に受け継いでいくべき財産です。

 本校では、伝統医学の精神と真に役立つ技術について学生に伝える方針で教育に当る。

 鍼灸学の構築に当たっては古典を基礎とし、臨床における事実関係を直視しながら、真に臨床に役立つ理論の再構築と、その科学化を探求することも重要です。特に医療の基礎を人間科学としてとらえ、伝統医学の精神を伴った「術」と科学的評価を伴った「学」とを車の両輪として、伝統医学の継承発展に寄与したいと考えています。

本校での学術方針は、卒業して治療師として治療に対して困らない医療技術を育てる最高の大学である事を保証します。



(教育方針)
温故知新の精神のもと、伝統医学の精神を伝える。
実技を重視し、臨床に必要な手技の基礎訓練を徹底的に行う。
臨床経験豊富な教授陣により、実際の臨床に活かせる技術と知識を伝える。
同時に近代医科学的な考察を含め、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上の知識など臨床に役立つ医療知識を教授する。
謙虚な心、慈悲深い思いやりのある心を引き出し、患者から信頼される臨床家たる人を育てる。


理念と方針