治恵医学大学
学校案内
東洋医学について
付属臨床施設
伝承医学の診断法 鍼とは? 灸とは? 按摩・指圧・マッサージとは? 宿明学とは?
東洋の伝統医学を、大きく分類すると、ユナニ医学(イスラム医学)、アーユルヴェーダ(インド)、チベット医学、東医学(朝鮮医学)、そして中国に起源を持ち東アジアに広まった中国伝統医学があります。又、日本においては漢方医学があり、中国伝統医学は、鍼灸と湯液(漢方薬を使う医術)に大きく分類され、中国において三千年、日本において千五百年の歴史を持ち、その最古の情報は、甲骨文字に見ることができます。  
 古代中国においては、生ある人は気の凝集体であるという考え方があり(荘子)、伝統鍼灸医学も、身体を気の集合体であると考えるところから出発しました。気の流れる道筋を経絡という独特の概念で表現し、治療点として、経穴(一般的に「つぼ」と呼ばれる)を用います。伝統医学の力は、数千年の時を経て色褪せることなく、混迷する現代にこそ輝きを放つものです。
 伝統鍼灸医学の特徴としては、以下のような独特な診察法があります。

創立理由